土砂災害の危険度が低い土地を選ぶ

家造りにおいて重要な土地選び!どこを重視して土地を選ぶ?

家造りにおいて大事なポイントの1つに、土地選びがあります。駅や商業施設に近いかどうか、造りたい家の形を実現出来る土地の形状であるかなど、希望の家の設備やデザインなどを選ぶ前にまず決めておきたい重要な要素になります。土地選びには調べておかなければならない点は色々ありますが、考慮しておきたい大事なポイントの1つに、災害に強い土地であるかという事があります。地震が多い日本においては、建物の耐震性だけでなく、その土地に家を支える力があるかという事を調べる地盤調査が行われることが一般的です。それに加えて台風や大雨などの災害も増えつつある日本においては、浸水の可能性や土壌汚染、さらには土砂災害の危険性についても考えて土地を選ぶことも大切です。

災害の中でも怖い土砂災害!危険度の低い土地を選ぶ方法とは!

日本で多発する災害において、住宅への被害を考えた時に特に怖いのが土砂災害です。土石流などにより、せっかく建てた家が最悪の場合全壊してしまう恐れのある土砂災害の危険性のある土地はどんなに好立地であってもリスク管理という観点からは避けたい土地です。そのような危険性が少ない土地を選ぶために参考になるのが土砂災害ハザードマップです。これは自治体ごとに土砂災害に警戒が必要な区域をイエローゾーン、その中でも特に警戒が必要な区域をレッドゾーンという風に色分けして危険な区域を分かりやすくしたマップの事です。自分の購入しようとしている区域がイエローないしレッドの区域でないことを確認し、土砂災害におびえることのないような土地を選ぶようにしましょう。